「やっぱり!血液の流れ」

こんにちは、ゆうやです。

 産後のむくみがあると赤ちゃんの
お世話も一層大変!
気だるさを感じたり、
痛みを感じたり
してもう大変です。
その痛みや気だるさがなければ
痛みや、気だるさを感じることが
ないので、
それを気にすることなく
やりたいことを
できたり、楽しく毎日を
過ごすとができたりします。
ですので、ふくらはぎの
浮腫みを和らげる
方法をについて
お話ししたいと思います。
その1”水分をこまめに摂る
その2”足を高くする
その1
水分をこまめに摂る
こまめに水分補給を
するようにしましょう。
赤ちゃんに授乳する前後に、
ママもコップ1杯の水を飲む
という風に決めておくといいですね。
そして、水分バランスが崩れると、
身体は自然と水分を
溜めこもうと働き、
これがむくみの
原因となると言われています。
その2
足を高くする
寝ると時に敷布団の下にタオルや
クッションを入れておく。
あまり高くし過ぎると逆効果なので、
10センチ~15センチほどの高さを
目安にして下さい。
そして、敷布団の下に
タオルやクッションを
入れましょう。
タオルやクッション入れておくと、
寝返りを打った時にふくらはぎから
下は常に高くなっている状態を保てます。
足の位置を高くすると
足に溜まった血液が流れます。
高さの心臓より足が
上にするとよいです。
睡眠時以外も足を
下げないようにするといいです。
 では今回のワークです。
1、まず正座の姿勢から、
片方の膝を立てます。
2、胸をももに付け、
ゆっくりと体重をかけ前に倒します。
これをすることによって、
ふくらはぎの
筋肉が伸びて疲労が
和らぐ効果が期待できます。
ふくらはぎは体の下の部分なので
血液が上に上がってきにくく
老廃物が溜まったりして
だるさを感じたり
、痛みを感じやすいんです
でもストレッチをすると体を
和らげる効果が期待できますので
今回のワークをやってみてくださいね。
ありがとうございました。
また来てくださいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です