姿勢がいいのがいいことではない、骨盤の位置が正しいことがいいことなのだ!

こんにちは、ゆうやです。

 

子供を産んでショックを受けるのが

実はこれ・・・・

 

産後は骨盤が開いてしまって、

それが元に

 

戻らないことはとても

嫌なことだと思います。

 

太って見えたり、

寸胴にみらえてしまったり

 

絶対嫌ですよね!

 

他のママからきれいに見られたい!

 

そんな想いがあると思います!

 

実は骨盤は

そのままほっておくと、

腰痛を起こしたり、

 

様々な体調の変化が

起きてしまいます。

 

でも赤ちゃんを産む

前みたいに戻れれば

 

とてもスマートな体に

もどれたり

他の産後のママさんたちから

 

「赤ちゃん生んだの

に痩せてていいわね」

 

と羨ましがられたりして

とっても嬉しいと思います。

 

ですので今回は産後の骨盤を

 

元になるように

するというお話をしたいと思います。

 

”骨盤を正しい位置に導く”

 

骨盤矯正に効果が期待できる運動です。

 

1、太ももの上あたりに

ある骨盤の出っ張りを探す

 

2. まっすぐ立ち、

骨盤を右方向に押し込む

 

3. 骨盤を左方向に押し込む

産後6ヶ月までの時期に骨盤を

 

正しい位置に導く

ようにしたほうがいいです。

 

そうすると、体型を妊娠前の
状態に戻るように導いていけます。

 

産後は骨盤が元の位置に戻ろうと
頑張ってくれています。

 

が、、曲がった状態だと正しい
位置に戻りにくいので骨盤矯正を
したほうがいいです。

 

では今回のワークです。

 

1. 足を肩幅に開きます。

 

2. 手は腰に当てて

 

左右にこしをひねります

これをやることによって

 

骨盤のゆがみをチェックできます。

腰を回しにくい方向に

ゆがみが大きいようです。

 

腰が歪んでないか確かめるために

 

今回のワークで

チャックしてみて下さい。

 

ありがとうございました。

また見に来てくださいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です